一般住宅モルタルの塗装塗り替え実例

リフォーム塗装についてもあれこれのお話ですが、今回は一般住宅の塗り替えを行う際の塗装で注意すべき店を説明したいと思います。
一般家庭塗装の塗替えの実例についてのお話です。
木造住宅で築15年経過、途中に一度、モルタル壁の塗替えを行いましたが、この塗替えでモルタル壁のひび割れがより顕著に現れました。
割れ目を治すため、壁面全体をモルタルよりも強くて割れにくいセメントフィラーで下地付けを行うことにしました。鉄部や木部なども同時に塗替えることにしました。塗替え前後の壁面を示します。
①塗替え工事の計画 劣化診断後仁お客さまに診断結果を報告し、表3-1に示す工事内容の説明と見積書を提出し、了解を得ます。その後、工程計画書を作成します。②足場組立・防護ネットがけ・高圧水洗 工程表に従い足場掛けを行い、劣化した雨樋や塗装の障害となる箇所の養生や取り外しを行うO建材の取り外しについてはお客さまである施主の了解をいただいておくことが必要です。