コンクリートはとても優秀な建築材

人間は様々な建造物を作り上げてきた中で建築素材なのも自然のものを使うということも多くありますが自分達で新しい素材を作り出す、というのもよくやっています。その中で生まれたのかコンクリート。古くから使われていたものではありますが、今でも巨大なビルなどはコンクリートで作るというのが一般的です。そもそもそうじゃないと耐震性などに関してはクリアできないということがほとんどであるからです。さて、コンクリートなのですが似たようなものにモルタルというのがあります。同じくセメントで作るものではあるのですが特性がコンクリートよりも大体低いので、あくまで目的材などに用いられるということが多いです。

とにかくコンクリートがひび割れしにくいという非常に高い硬度を持っているので、建築物の基礎とか土台なんかにガッツリと使われることになります。固まるまで待たなければいけないという感じになりますし、熱を帯びる特性もあって色々な作り方に危険な要素というのも含まれているのですが、計画的にきちんと使えば非常に人類寄与してくれるような建築素材となってくれるのがコンクリートという存在なのです。高価な建築素材でもないのも魅力となっています。