出向はある意味でチャンスとなります

出向で一番多いのは親会社から子会社へと行かされることであり、こればっかりはほとんどの場合は業務命令という形で確実にほぼ強制な感じで行われることになります。どうしてこういう形での人材の異動が行われるのかと言うと理由はいくつかあります。一つはその人材のキャリア形成の一環である、ということです。特に若いうちはどんどん色々な部署や組織などに回して人材育成をさせようという企業があったりします。

特に大企業にはそうした傾向が強いです。ひとつの部署にひたすらに努めさせるというのは色々な不正の温床になったりするということもありますし、人材の柔軟性というのも失われる可能性がありますので、あまりよくないわけです。あるいは単純にそこに出向させられて普通に労働するというのではなくそこのトップとかリーダーといったような形になりますと業績の改善などが求められている、ということになります。割と貧乏クジな感じはありますが実際はそんなことはなく、功績を求められることになりますし、成功すればまたどこぞに栄転という形になるでしょう。ある意味で出向が一つのチャンスとなるということになります。そうしたチャンスを生かすことができるかどうか、というのがとても重要になります。