行政書士という資格を目指すことに関して

法律の資格とか法律の勉強をしようとするときに、結構見かけたりするのが行政書士です。この行政書士というのはどのような仕事であるのかといいますと行政に提出する書類というのをいくらかを代行して行うことができるようになります。その行政に提出する書類は行政書士に必ず頼まなければならないというような専権事項というわけではないので、あくまで個人としてそれを行うことはできるが面倒くさかったりよく分からなかったりするので代行できるというようなことになるでしょう。

ほとんどと言っていいくらい受験資格というのが必要ないのでとにかく法律系の資格が欲しいので勉強してみようみたいな人にもオススメできますし、当然ながら独立して仕事をするということもできないわけではなく資格があれば行政書士事務所というのを作ることはできますので目指すことは十分にお勧めできることになるでしょう。但し、さすがに仕事が取れるかどうかというのはまた別の話なので資格があれば食べていけるというタイプの仕事でもないです。ですが、資格として価値があるということは間違いないことになりますし、ちょっとした勉強にもなるでしょうから、法律の勉強系としてはまさに鉄板といえます。