自動車ガラスにおける機能や特徴について

自分達が日常生活に利用している自動車は数多くの色々なパーツによって構成されていますが自動車ガラスはその中でも大きなウェイトを占めるパーツとも言えるでしょう。自動車ガラスの製造を主に手掛けている企業も多く自分の地元でもAGCやビューテックなどといった企業の工場があり需要の高さがうかがえます。あまり普段意識することがないことなのですが自動車ガラスの特徴や機能って一般的なガラスと比べてどう違うのだろうと感じたことはありませんか?

自動車ガラスは安全ガラスと呼ばれるドライバーの身を守るための機能を備えたガラスを使用していますが、それを分類すると合わせガラス、強化ガラス、部分強化ガラスの3種類に分けられます。それらのガラスには 日焼けやしみ、しわの原因となる紫外線からお肌を守ったり、飛び石や車同士の衝突などにおける物理的な衝撃から身を守ったりするための機能が備えられていたりとドライバーが安全に運転できるようにするための工夫が詰め込まれているのです。また自動車ガラスの特徴として可視光線の透過率が70%以上でなければならないという保安基準が設定されています。ですので自動車ガラスは普通のガラスと比べて視界が見渡せやすく運転において快適性も大きく貢献しているのです。