建設業許可申請をする時間や費用

建設業許可申請」にはさまざまな費用がかかります。許可が欲しいといって明日すぐに取れるものではありません。
まず建設業を経営した経験があるかが問われます。建設業に関する知識がない人がすぐに管理者になるというのはむずかしい話です。また、専任技術者がいないのもNGです。何かを建設するにはそれ専用の技術がなければなりません。いくら多くの人が集まっても素人では成り立たないのです。

建設業許可申請には必要な書類があり、その数は2、3枚ではありません。かなりの数の書類が必要となるので時間がかかります。1ヶ月はかかると思っておきましょう。事前に何が必要なのかを知っておくと申請をスムーズに進められます。
建設業許可申請をするために、500万円以上の自己資本金が必要なことも頭に入れておかなければなりません。用意できない場合は、その資金額を調達する見込みがあるかを判断します。
法人用の実印も必要になります。できれば早い段階で作っておきましょう。リーズナブルな料金でできる印鑑ショップもありますが、ずっと使っているとだんだん高いものとの差が出てきます。良い状態を長持ちさせるには、少し高額でも高品質を選ぶのがベストです。