古い外車あるある~車の修理~

car-repair-17車の修理はしないで済むならできればやりたくないものです。
でも、車を所有しているとどうしてもトラブルはつきものです。

私はこれまでに様々な車に乗っては修理をするという経験を繰り返してきました。

その中でも特に怖かったのは、ラジエータ―ホースに穴があいた時でした。
それは古い車で、普段から不具合がちょこちょこと出ていたので、
トラブル自体はしょっちゅうでした。

ある夜、道路を走っていると、突然ボンネットから煙のようなものが出てきました。

夜中だった為、周囲に人も車もおらず、それはもう大変な恐怖でした。
最初は何が起こったのかわからず、とにかく家まであと少しだったので、
そのまま何とか帰る事ができました。
車を停めて、良く見ると、煙ではなく湯気でした。
普段からオーバーヒートしやすい車だったので、ラジエータ―かなと思い、ボンネットを開けて
明りを照らしてみると、見事にラジエータ―のホースに穴が開いていました。

車の修理に出すにも、修理屋さんまで持っていかねばならないので、穴の部分にテープをきつく巻き、
ラジエータ―に水を足して応急処置を施しました。
いったいいくらかかるのかすごく心配でしたが、損傷していたホースの部分が短いもので、
部品代もそう高くなかったし、修理の常連さんだったので、お安く直す事ができました。