最近ハマっている作家さんの本

book17私の趣味は読書です。月に3冊程度は読んでいるのですが、
最近母親が「間違えて図書館で借りちゃって。」と唯川恵さん
の本を私に「興味あったら読んでみたら。」と渡してきました。タイトルは”永遠の途中”。唯川恵さんの名前は聞いたことは
ありましたし、ドラマになっているものもあるのも知っては
いたのですが、実際本を読むのは初めてでした。「どれどれ」
と読んでみると、これが面白い!同期入社の女性2人が60歳
になるまでが描かれた内容なのですが、女性ならではの相手
に対する憧れや嫉妬、優越感や劣等感など、27歳からの2人
の感情がとてもリアルに書かれていて「この先どうなるの?」
と一気に1日で読んでしまいました。私は現在アラフォー
なのですが、40歳半ばの頃までの内容は「そうそう、そんな
風に思う時期ってあるよね。

分かる分かる。」という部分も
多々ありました。50代60代の内容は「まだ分からないけど、
きっとそのように思う時期が来るんだろうな。」と想像しながら
読んでみたり。女性の作者だからこそ描けるリアルな内容が
とても魅力的な本でした。実はその後も唯川さんの本を3冊
ほど読んだのですが、やっぱりどれも女性の心理が上手く
書かれていて、ついつい「もう少し。。。」と時間を忘れて
読んでしまう作品ばかりです。最近「本もちょっと飽きたな。」
と思っていたのですが、唯川さんと、唯川さんに偶然ながらも
出会わせてくれた母に今とても感謝しています。