介護タクシーを利用している両親の体験談

kaigo-taxi175年前、父親が病気で右半身が不自由になってしまいました。幸い歩くことは可能ですがバランスが悪く、右手は使えないため何かと不自由がある状態です。現在二人で生活しており、母も高齢による膝の痛みがあるため父を支えるには不十分な部分があり、病院に通う際には介護タクシーを利用しています。利用に再指定は要介護度や利用範囲に制限があり、またケアマネージャーさんを通して手続きを行う必要があります。ケアマネの方から最初にご提案をいただき、ケアプランに入れていただいたので利用が可能となりました。

自宅からタクシーに乗る際の父の介助、病院に着いてから中に入るまでの介助を行っていただくことで安心して出掛けられています。特に入口まで階段がある病院があるため、介護タクシーでないと通院が難しいのですが、大変助かっております。利用する際は基本的に事前にケアマネさんに連絡しておく必要があり、その点は少し面倒ですが、通院する日は決まっているため問題はありません。父のように病気で障害が残ってしまった方などは、サポートがないと外出し辛いケースは多々あると感じます。介護保険で負担してもらうことで、介護タクシーが利用しやすくなることは大変有難いシステムに感じています。