樽酒で和風結婚式

tarusake17樽酒」と聞いて思い出すのは自分の結婚式です。和風の結婚式がしたいと、プランナーさんに相談したところすすめていただいたのが鏡開きの演出でした。
ケーキカットやファーストバイトはありきたりだからと思っていたこと、夫婦ともどもお酒が大好きなこともあってお色直しの後の演出で鏡開きをすることに決定しました。
お値段は8万円弱でした、少し高いような気もしますがケーキカットの演出と値段は大して変わらないとのことでした。

いよいよ当日、滞りなく披露宴は進行しいよいよ鏡開きです。いざ目の前に樽酒が運ばれてくるとその大きさにびっくりしたことを覚えています。両家の親も揃い、司会者の「せーの!」の掛け声で、6人で樽のふたを割りました。木づちで割るとまるでテレビの様にコーンという素敵な音が会場に響いて、思わず笑顔がこぼれました。
その後は会場の皆さんにもおふるまいをして無事に鏡開きが終わりました。
後日、参加した方からの感想として「初めて見た演出だった」「楽しそうだったから自分の結婚式でもやりたい」といった声をいただきました。
もちろん「樽酒はおいしかった」とのお話もありました。
他の人とはちょっと違う樽酒を使った鏡開き、結婚式が盛り上がること間違いなしですよ。