資金繰りには信用とプレゼンテーションが大切

accounting
accounting
新しいビジネスを始めたい、でも資金繰りはどうしよう。
そんなとき大切なポイントはなんでしょうか。それは、資金を融通してくれる相手との信頼関係、そして魅力的なプレゼンテーションをするスキルです。
つまり資金繰りは、「ビジネスを始めよう」と決心するはるか前に始まっているのです。

常日頃から、いざというとき当てにできそうな人とは、約束をきちんと守りお互いに信頼できる関係を築いておくべきです。たとえ内心はどう思っていたにしても。
これは一朝一夕にできることではありませんよね。
その相手が親であろうと、銀行であろうと、クラウドファンディングで募る赤の他人であろうと、信頼関係が大切であることに変わりはありません。一度裏切っただけで、その人はもう二度と資金繰りに協力はしてくれなくなります。

さらに、資金繰りのために必要なのはプレゼンテーション能力です。
自分の考えたプロジェクトがいかに魅力的なものか、出資者を納得させる説明ができなくてはなりません。
世の中には、「納得できないものにはビタ一文払いたくないけど、好きなものにはお金を惜しまない」層がかなりいます。
ここに食い込むためには人を惹きつけるプレゼンテーションが重要です。
自分が起こそうとしているビジネスのどこが魅力的で、出資する価値があるのか、わかりやすくロジカルに、かつ人の心に訴えかけるように説明する必要があります。
図解や画像、フローチャートなどを駆使して、魅力的な企画書を作るスキルも磨いておきましょう。