親の財産を当然相続して良い場合もあるのでは

souzoku17相続に対しての風当たりが強くなってきたように思います。
平等性に欠いていて、公平な競争を促していないといったような意見が多くなってきました。
中には相続税は100%で良いという人達まで現れています。

しかし、少しは子供たちも親の財産形成に寄与した可能性はないでしょうか。
私の知り合いの親はサラリーマンとして非常に出世した方でした。
しかし、その親は猛烈に働きました。
他の子供たちが当然のように休日に親と遊んでいる間も、1人で散歩をしたり、出かけるとしても母親とばかりです。
また、その親は会社に従順に日本全国を転勤して歩きました。

家族一緒での赴任の方が、会社に対しての見栄えが良いということもあり、常に一緒に引っ越しをしていました。
これには当然転校が伴います。
小学校や中学校が途中で変わることは、よく見る光景ではありますが、殆どの人が経験せずに済むことでしょう。
そして、経験する必要などはないのではないでしょうか。

私の知り合いは、幼い頃に様々な事を犠牲にしてきました。
それは父親の仕事の都合です。
その父親は成功して財産を築きました。
その財産を築くことに、その子供が協力したとも言えるのではないでしょうか。
最後に、財産を相続することはそれほど非難されるようなことなのでしょうか。