明洞実弾射撃場で射撃体験してきました。

shooting_range18先日、韓国旅行に行った際、明洞実弾射撃場に行ってきました。20代の頃、グァムで行って以来20数年ぶりの実弾射撃場です。
場所は地下鉄4号線の明洞駅から歩いて3分のところで、繁華街のビルの中でした。
グァムの時は屋外だったので、少し意外な気がしました。
日本語が通じると聞いていたので安心はしていたのですが、スタッフの方は予想以上に日本語が上手いです。通じるというレベルではなく普通に話せます。
最初に銃を選びました。ワルサーP38とかデザート・イーグルなど名前を知っていたものもありましたが、個人的に「踊る大捜査線」ファンなもので、ベレッタM92F INOXを選びました(青島刑事は他にも使っているようですが)
その後、スタッフから注意事項を聞き、耳あてやサングラス、防弾チョッキなどの安全装備をしました。

それが終わると射撃スペースに移動し、弾を入れずに持ち方や的の狙い方を教わりました。
この時点で初めてベレッタを持つわけですが、これがなかなかの重量でした。スタッフの方は「デザート・イーグルはこれの倍くらい重いですよ」と笑っていましたけど。
そのまま、実弾射撃に移りました。
25発撃つコースで、最初は全く的に当たらなかったのですが、何発か撃つ内に得点の書かれたところに命中するようになりました。ただ、結果的には一度も10点には当たらず悔しかったです。
弾を追加することも出来たのですが、追加料金がそこそこかかるので、採点表をもらって射撃場を後にしました。
日本ではこのようにレジャーとして実弾を撃てる射撃場がないので、とてもいい体験でした。