結婚式や葬儀の日取り、 大安や友引は迷信か

kankonsousai-6-200x200

冠婚葬祭とカレンダーについて。
冠婚葬祭を考えるうえで、結婚式や葬儀の日取り、 大安や友引は迷信かという話があります。
正直いって根拠はなし。でもこだわる人がいる限り配慮は必要。
「大安にや友引は六輝や宿曜と呼ばれる暦のひとつ。「先勝」に始まり、[友引][先負」「仏滅」[大安」「赤口」が順番にめぐってくる。大安はすべてがうまくいく日、仏滅は一日中すべてが凶の日というのはよく知られているが、先勝は午前中は吉、午後は凶。先負は午前中は凶、午後は吉。赤口は正午のみ吉、午前午後は凶とされている。これは迷信だという声もあり、今の人は忙しいので、六輝にこだわるより、自分だ右の仕事の都合や招待客が参列しやすい日を優先するのも当然の流れだろう。
しかし年配の人のなかにはこだわる人もいる。友引は、その日に葬儀を行うと友を引き寄せるという考えから、お通夜やお葬式に友引を避ける人は多く。友引に火葬場が休業する地域もあるほど。
逆にお祝いごとである結婚式には人気の高い日だ。そうなると、儀式の性格や列席する人の考え方にある程度配慮し、気にする大が多い場合は。やはり考えに入れて決めたほうがいいだろう。