心療内科と精神科や神経内科の違い

病院心療内科と精神科や神経内科の違いはどのようなものでしょうか。
どれも似たような名前なので素人には区別がつきませんが、心療内科と精神科や神経内科との違いがわからなくても受診することは出来ますが、知らないと無駄に方々へ回ったりする羽目になる場合もありますので知っておいたほうが知らないよりはいいということになります。
心身症を主に扱うのが心療内科、精神疾患を専門に扱うのが精神科、脳神経系の疾患を専門とするのが神経内科です。
心療内科は身体疾患である心身症を扱いますので、身体の症状の訴えの治療になります。精神科は不安、抑うつ、不眠、イライラ、幻覚、幻聴、妄想などの心の内面を扱います。うつや統合失調症などが専門ですが、軽症な神経症や不眠症も精神科の担当分野に入ります。精神疾患がメインであれば精神科ということになります。
身体の症状がメインならば内科または心療内科、心の症状が主体ならば精神科ということになりますが、実際にはどちらか紛らわしい場合もあります。